九十九×POOLSIDER / 九十九ビーチサンダル(スクール)

全て手作りの日本製ビーチサンダル
九十九のサンダルは足型から鼻緒の製作まで全て手作りです
足型は合成ゴムを使用しているため、丈夫でクッション性に優れ、鼻緒は皮膚の柔らかい足の指の間にあたる為、軟らかい天然ゴムを使用しています。これは、足の負担を軽減し履き心地を追及しています。 さらに、デコボコの滑り止めの模様がある足載部分のプリントは 職人が丁寧に手刷りで行い、そのクォリティーをチェックしています。

<九十九(つくも)>
ビーチサンダルの発祥地は兵庫県神戸市。1950年頃、ゴム産業の盛り上がりと共にビーチサンダルが生まれた。 当時は日本各地に生産地があったが、現在は常時作っているメーカーは<九十九>のみとなっている。 数少なくなってしまった日本製ビーチサンダル工場として、神戸のモノ作りを今に伝えている。 九十九という名前は、長くモノを使い続けると宿る、というツクモの神に由来。九十九のサンダルも、 「愛着」を持ってもらい、長く使い続けて欲しい、そんな思いがこもっている。
型番 sandal-1601
販売価格
3,024円(税224円)
カラー
サイズ
購入数